visiontrack

ARTISTS COORDINATE LIVE ART NEWS ABOUT US CONTACT
EVENT

トークイベント:「イラストレーターが海外からの仕事を掴みカタチにするには?」

SNSにより海外との距離が近くなった今、イラストレーターが活躍する場も世界へと広がっています。とはいえ、言葉も文化も違う海外でどうやって仕事を掴むのか?また、どのようにして制作を進めカタチにできるのか?イメージするのが難しいという方も多いかもしれません。


そこで、今回は日本にいながら海外のクライアントとの仕事の経験を豊富に持つイラストレーターとして井筒啓之氏、IC4 DESIGNの神垣博文氏と松原大介氏、くらちなつき氏を招き、海外からの仕事獲得の実例とやり取りの具体例を示し、海外からの仕事を掴むための大きなヒントとなる機会にしたいと思います。


また、海外とのネットワークを広く持ち、仕事獲得、進行管理、条件交渉、契約などの法務業務とトータルでイラストレーターの海外からの仕事をするサポートを行うアーティストエージェンシーのヴィジョントラック代表の庄野氏が聞き手をつとめると同時に具体的なサポート例もご紹介します。


海外からの仕事に興味のあるイラストレーター、そしてイラストレーターをサポートする仕事に興味のある方もぜひお越しください。


お申し込み&詳細はこちら:
http://www.aoyamabc.jp/culture/42892-2/?fbclid=IwAR1h9l-v6H1LO71aWDXofJu3LDkJ5lJ3emn9qZqNXK-PXeotG35em35dAKs


ーーーーーーーーーーーーーーーー


「イラストレーターが海外からの仕事を掴みカタチにするには?」


日程:2019年2月9日 (土)
時間:18:00~20:00
会場:青山ブックセンター
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア (B2F)


料金:2,160円(税込)
定員:80名様


ゲスト(イラストレーター):
井筒啓之   http://izutsujimusyo.com
IC4DESIGN  www.ic4design.com
くらちなつき http://natsukikurachi.wixsite.com/illustration


聞き手:庄野裕晃(vision track代表)


主催:vision track/井筒啓之
協力:青山ブックセンター


ーーーーーーーーーーーーーーーー

TAGGED : EVENT

2019.01.16

TAKASHI KAWAKAMI川上 貴士

川上貴士 個展「LINES」

川上貴士 個展「LINES」
イラストレーター川上貴士が7年ぶりの個展を開催いたします。
本展では自身の作家性とは何かを見つめ直し、川上がこれまで出会ったことのない絵に出会うために描いてきた作品を展示します。
線を細かく小さく並べ、重ねて広げていくことで生まれる有機的な形、ニュアンスを含んだ川上ならではの線の魅力を感じられる作品が並びます。

■開催期間
2019.1.18 (金) – 1.31 (木) 13:00 – 18:00

土日祝を除く平日オープン/入場無料
一般公開日、オープニングパーティー以外の日程はご予約が必要になります。
ご希望の方はヴィジョントラックまでお問い合わせください。

■一般公開日(作家在廊)
1. 18 (金) 13:00 – 21:00
1. 19 (土) 13:00 – 18:00
1. 26 (土) 13:30 – 17:00

■オープニングパーティー
1. 18 (金) 19:00 – 21:00
どなたでもご来場いただけますので、ぜひお誘い合わせの上お越しください。

■会場・お問い合わせ
vision track Private Gallery
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館 4階4-7号
tel: 06 6543 7007
mail: info@visiontrack.jp

 
川上貴士|Takashi Kawakami
1979年 大阪府高槻市生まれ。大学卒業後、映像を軸としたビジュアル制作を学ぶ。名古屋、東京の制作会社で映像編集・モーショングラフィックデザイナーとしてCM・VPをはじめとする様々な映像に携わる傍ら、グラフィックデザイナーとしても業務を担う。2015年9月よりフリーランスとなりイラストレーターとしても活動をスタートする。ファッション誌BRUTUS、UOMOや、TOMORROWLANDのキービジュアル、商業施設のシーズンビジュアル、企業広告など多数手がける。2017年にはアジア10カ国から200組以上のアーティストが参加するアートフェアUNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKAに参加し、協賛企業賞であるPeach賞を受賞。

TAGGED : TAKASHI KAWAKAMI , EVENT

2019.01.10

スペシャル・トークセッション&ポートフォリオレビューを開催!

12/22(土)より渋谷キャストで開催されるイベント「SHIBUYA DESIGNERS MARKET Christmas Gallery Store」にてトークセッション&ポートフォリオレビュー会を開催します。


「イラストレーターにとってのブランディング」


近年SNSを通じて、イラストレーターが作品だけでなく自らをブランディングすることが可能になり、また、オンデマンドで商品をつくり、ストアを開設し販売することも簡単になったりと、イラストレーターにとっての可能性が広がっています。その一方で、注力すべきことを見失うと一過性な活動となってしまうことも考えられます。それでは、イラストレーターとしてどのようにブランディングや営業活動を行い、また何を大切に活動していけば良いのでしょうか?


そんな疑問に答えるべく、イラストレーター、アーティストとして長きにわたり第一線で活躍するヒロ杉山さんとJUN OSONさんをゲストに迎え、ヴィジョントラック / ユビエス代表の庄野裕晃が聞き手となり、2人がどうやって今の状況を築き、活動をしてきたのか?を振り返っていただきながら「イラストレーターにとってのブランディング」について探ります。


また、これからを担うイラストレーターの発掘、そしてすでにキャリアをお持ちの方のステップアップの機会として、ヒロ杉山さんとJUN OSONさんによるポートフォリオレビュー(作品講評会)も行いますので是非ご参加ください。


*ポートフォリオレビューは下記よりお申し込みが必要です。
https://sdm-event.peatix.com


●開催概要
こちらは「渋谷デザイナーズマーケット」の関連イベントとして開催されます。
https://www.facebook.com/events/349061459243471/


<開催日時>
2018年12月22日(土)
第1部:ポートフォリオレビュー(作品講評会):15:00-16:50
第2部:トークセッション:17:00-18:00


<開催場所>
渋谷キャストSPACE
*キャットストリートに面した広場と同じフロア(GF)内
東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷キャスト GF
JR・京王線・東京メトロ・東急線 渋谷駅13出口より徒歩1分


*SHIBUYA DESINGERS MARKET Christmas Gallery Store 会場内での開催となります。


【第1部:ポートフォリオレビュー(作品講評会)】
時間:15:00-16:50 (受付開始: 14:30~)
参加費:2,000円
定員:7名


レビュアー:
ヒロ杉山 / JUN OSON / 庄野裕晃(ヴィジョントラック/ユビエス) / 光冨章高


作品、作品ファイルを持参ください。第一線で活躍するクリエイターからの視点、そしてエージェントならではのビジネス的視点で、作品の講評、アドバイスをさせていただきます。


*講評、アドバイスを参加者全員で聴講いただく公開形式となります。


【第2部:トークセッション「イラストレーターにとってのブランディング」】
時間:17:00-18:00(16:50 開場)
参加費:無料
*お申し込みは不要ですので会場へ直接お越しください。


ゲスト:
ヒロ杉山 (アーティスト・アートディレクター)
JJUN OSON (イラストレーター)


聞き手:
庄野裕晃(ヴィジョントラック / ユビエス代表)
【交流会 /オープニングレセプション 】
時間:18:00-20:00
参加費:無料


*SHIBUYA DESIGNERS MARKET Christmas Gallery Storeのオープニングレセプションを
同会場にて開催しますので是非ご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●ゲスト紹介


hiro


 ヒロ杉山 / Enlightenment
アーティスト、アートディレクター
1997年、ヒロ杉山が中心となり結成。ヒロ杉山、タナカノブコ、峯山裕太郎、加藤崇亮からなるクリエイティブユニット。ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども行い、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。さらにPV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高く、平面だけではなく立体作品から空間演出も手掛け、幅広い創作活動を展開している。


 

 

jun


 JUN OSON
イラストレーター
1979年 愛知生まれ、鎌倉在住。ZARA、ZUCCa、BEAMS Tとのコラボレーション、NHK Eテレ「あはれ!名作くん」キャラクターデザイン、マクドナルド 朝マック広告、東急電鉄 キャラクターデザインと各方面で人気を博し、今や日本を代表するイラストレーターの一人として活躍中。ペンネームのOSONは“OUTSIDER OF NISSIN(愛知県の日進市)”の略。


 


shono

庄野裕晃
vision track / ubies 代表
2011年アジア発のクリエイティブ・プラットフォーム「ubies」を立ち上げ、2013年「世界を熱くするアジアンクリエイター150人」をPIEInternationalより発行。2014年にはアジア中から気鋭のクリエイター1000名、3000点を超える作品を集めた「ACN主催・ASIAN CREATIVEAWARDS」を企画プロデュース。大阪発の国際アートフェアUNKNOWN ASIAのプロデューサーとして立上げから運営に携わる。


 


mitsutomi

光冨章高
vision track / アーティストエージェント
国内外で活躍するアーティスト、イラストレーターのエージェントを行い広告分野に主軸をおき、多数のプロジェクトに携わる。フィンランドイラストレーション協会「Kuvittajatry」登壇東京都独立支援プロジェクト「Art Startups」参画

TAGGED : EVENT

2018.12.19

SHIBUYA DESIGNERS MARKET Christmas Gallery Store

東京・大阪・ソウルから選抜されたクリエイターが
一堂に会すギャラリーストアが、クリスマスの渋谷に突如出現!!?


SHIBUYA DESIGNERS MARKET
Christmas Gallery Store
2018.12.22 (sat) - 24 (mon)
RECEPTION PARTY 12.22(sat)


多様な人々が行き交う渋谷の真ん中から、ジャンルも価値観も国籍も超えたデザインが集う
マーケット“SHIBUYA DESIGNERS MARKET”。
今回はクリスマスの特別企画として、東京・大阪・ ソウルから選りすぐりのクリエイターたちが
自らブースに立ち、渾身のアートワークをプレゼン テーション!
ここでしか出会えないモノと体験をお届けする3DAYS!


 

ー contents ー


01contents

 

<GALLERY STORE>
東京、大阪、ソウルから選抜された気鋭クリエイターが集い、自らブースに立ちアートワーク&グッズの展示販売を行います。
●参加クリエイター(50音順)
Curated by vision track
AYUMI TAKAHASHI 
イワイリナ 
上田よう 
白尾可奈子 
山浦のどか 

Curated by ubies
秋元机
YIM YOUNGWOONG 
木村華子 
二宮 佐和子 
ケント・マエダヴィッチ
<LIVE PRINT FACTORY>
GALLERY STORE出展クリエイターのアートワークから好きなものを選び、シルクスクリーンや最新プリンターで高品質なファッションアイテムやノートの表紙にその場でプリントし販売します。

オリジナルノート作り:ubies×Roland
シルクスクリーン:CANVAS
ファッションアイテム・ボディ:CANVAS
<LIMIT UNLIMIT>
国内外で活躍する人気アーティストやトップクリエイター3組のアートワークが、ファッ ションデザイン&プロダクションを手がけるCANVASによって、それぞれ異なる特殊加工を 施したパーカーやコーチジャケットなどのコラボアイテムに。数量限定で先行販売します。

参加クリエイター(50音順):
ORDINARY PEOPLE 
JUN OSON 
ヒロ杉山 

PRODUCE: Anonymous Camp / CANVAS / ubies
FASHION DESIGN & PRODUCTION: CANVAS
ARTIST CURATION: ubies

 

<ART LOTTERY!!! for X’MAS>
参加クリエイターの中からお気に入りのクリエイターを見つけ、カード にメッセージを書いて投票すると、LIMIT UNLIMITの限定コラボ商品や人気クリエイターの似顔絵ポートレート・チケット、ポストカードなどが当たる「アートくじ」(ハズレなし)に挑戦できます。

PREZENT_01

<イベント詳細>
開催日:12月22日(土)- 24日(月・祝)
12:00~18:00(24日最終日のみ17:00まで)
*レセプションパーティー 12月22日(土) 18:00~20:00

場所:渋谷キャストSPACE *キャットストリートに面した広場と同じフロア(GF)内
東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷キャスト GF
JR・京王線・東京メトロ・東急線 渋谷駅13出口より徒歩1分
入場料:無料
主催:Anonymous Camp / CANVAS / ubies / vision track
協賛:ローランド ディー.ジー.株式会社 / 渋谷キャスト

TAGGED : EVENT

2018.12.17

クリエイターをサポートする仕事、エージェントスタッフを募集します!

東京エリアでの業務拡大、第一線で活躍するイラストレーターを増やすため、
イラストレーターをサポートする仕事、エージェントスタッフを募集します!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在すでに所属イラストレーターへの依頼、コーディネートの依頼を多くいただいていますので、マネジメント(イラストの制作進行管理)、コーディネート(イラストのセレクト・提案)が日々の主な業務となりますが、イラストレーターの発掘、育成、プロモーションにも今後より力を入れていきます。


具体的には以下の業務を行います。


【業務内容】
<イラストの制作進行管理>
クライアントとイラストレーターの間に入り案件の進行管理を行います。


<イラストレーターのコーディネート>
クライアントの要望に合わせて、最適なイラストレーターをセレクトし提案します。


以上を主な業務としながら、イラストレーターの発掘や育成のサポート、案件を獲得するためのプロモーションも一緒にやっていきたいと思っています。


【必要な経験 / スキル】
・人とのコミュニケーションが好き、得意
・Mac、Adobe、Office系ソフトの基礎知識


【あると望ましい経験 / スキル】
・クリエイターへの発注・制作の進行管理
・イラストレーター、デザイナーの知識


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在wantedlyにて募集を掲載しています。詳しい詳細は以下サイトよりご覧下さい。
https://www.wantedly.com/projects/263624


650_what01
クリエイターや制作のマネジメントに関する業務の経験がない方でもイラスト、デザイン、アート、ファッション、カルチャーが好きでクリエイターをサポートすることに興味がある人であれば、ぜひお会いしたいと思っています!ご応募お待ちしております!

TAGGED : WEB , SNS , EVENT , BUSINESS

2018.12.04

HITOSHI KUROKI黒木 仁史

黒木仁史「Knock」

 

ファッション誌やアパレルブランドとの数多くのコラボレーションなど
水彩のナイーブさとリアルな強さで独自のスタイルを確立してきた黒木仁史。

今展では新しいスタイルを試す実験場として、普段のスタイルである水彩絵の具を使わず
アクリル絵の具などにトライアルした作品を展示いたします。

今後、世の中に出ない可能性の作品ございますので
ぜひ会場でご覧いただけますと幸いです。

-----

【開催期間】
2018年12月7日(金)- 12月21日(金)
13:00 - 19:00(土日祝を除く平日)

【一般公開日・作家在廊日】
2018年12月7日(金)13:00 - 20:30
12月8日(土)12:00 - 16:00

*一般公開日以外の閲覧は事前のご予約が必要となります。
ご予約につきましては下記までお問い合わせください。

【オープニングレセプション】
12月7日(金)18:30 - 20:30

*ギャラリートーク開催!(19:30頃予定)

作品解説:黒木仁史

聞き手:
漆崎憲介 氏(阪急デザインシステムズ / クリエイティブディレクター)

数社のデザイナー経験のなかで「伊勢丹」「サントリー」「味の素」を担当。
2011年に阪急デザインシステムズへ入社。2017,2018 UNKNOWNASIAレビュアー。
国内外コンヘティションに入選・受賞。
受賞歴:Times Asia −Pacific Advertising Awards
電通広告賞・経済産業大臣賞・朝日広告賞・日本雑誌広告賞

【会場】
vision track / Private Gallery
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館 4階4-7号
TEL:06-6543-7007
  MAIL:info@visiontrack.jp

【入場料】
無料

-----

 

A20_P305-320_Part14 ginza_cover_224_021-553x700 hitoshikuroki_20170110_031-963x700

 

黒木仁史
大阪芸術大学デザイン学科卒業。デハラユキノリ氏のアシスタントを経て、フリーランスのイラストレーターに。
「GINZA」の表紙や「VOGUE」「POPEYE」などの雑誌にイラストを提供する他、
「ステラマッカートニー(STELLA McCARTNEY)」のファッションドローイングショーや
伊勢丹新宿店、ユナイテッドアローズ、「ベッドサイドドラマ(bedsidedrama)」など
多くのファッションブランドとのコラボレーションを展開している。
http://www.visiontrack.jp/hitoshi-kuroki/

 

デザイン:
MIKI JYUGE
 

TAGGED : HITOSHI KUROKI , EVENT , CULTURE

2018.11.28

vision track Salon and Sessions vol.2「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」



クリエイターの活動をあらゆる側面からサポートし、
その価値を最大化することを目指すヴィジョントラックがお届けする
「クリエイター」と「クリエイターをサポートする人」のためのSalon and Sessions

第2回目となる今回は、これからを担うイラストレーターの発掘、
そしてすでにキャリアをお持ちの方のステップアップの機会として、
ポートフォリオレビュー(作品講評会)とトークセッションを行います。

第1部:ポートフォリオレビュー
第一線で活躍するイラストレーターからの視点、
そしてエージェントならではのビジネス的視点で、
作品の講評、アドバイスをさせていただきます。

ヴィジョントラックが今後、仕事をご一緒させていただきたい
イラストレーターと出会う場にもなればと思っております。

第2部:トークセッション
「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」をテーマに
イラストレーターの寺田順三氏、黒木仁史氏をゲストにお招きし、
ヴィジョントラック の代表、エージェントが聞き手となりトークセッションを開催します。

既にイラストレーターとしてお仕事をされている方、まだスタートされたばかりの方、
キャリアをお持ちでさらなる機会を作りたい方、全てのイラストレーターを対象にしております。

第1部、第2部ともに興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

●開催概要

<開催日時>
2018年12月8日(土)

【第1部:ポートフォリオレビュー(作品講評会)】
開場:16:00
時間:16:30〜18:30 

参加費:2,000円
定員:8名

【第2部:トークセッション「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」】
開場:18:30
時間:19:00〜21:00

参加費:1,000円
定員:15名

※第1部、第2部 共通でご参加の方は、参加費:2,500円

<会場>
vision track / Private Gallery
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館4F4-7
TEL 06-6543-7007

<ゲスト>

●開催概要


2018p_junzo_terada  81C11SwZT8L._SY445_ 5138CAV7Q6L._SX337_BO1,204,203,200_

寺田順三
イラストレーター、絵本作家
1961年生まれ。大阪を中心にイラストレーションをはじめ挿絵や絵本、広告、雑貨製作など幅広い分野において第一線で活躍中の、人気イラストレーター。お洒落で個性的な動物キャラクターと、ヨーロッパの古い絵本を思わせる柔らかなタッチで、若い女性やアート好きな層を中心に大きな支持を得ている。寺田さんがキャラクターデザイン・美術コンセプトで手掛けた「カルルとふしぎな塔」は、2010年10月よりアニメーションの放送が始まり人気を集めている。

A20_P305-320_Part14 ginza_cover_224_021-553x700 hitoshikuroki_20170110_031-963x700

黒木仁史
イラストレーター
大阪芸術大学デザイン学科卒業。デハラユキノリ氏のアシスタントを経て、フリーランスのイラストレーターに。 「GINZA」の表紙や「VOGUE」「POPEYE」などの雑誌にイラストを提供する他、「ステラマッカートニー(STELLA McCARTNEY)」のファッションドローイングショーや伊勢丹新宿店、ユナイテッドアローズ、「ベッドサイドドラマ(bedsidedrama)」など多くのファッションブランドとのコラボレーションを展開している。


47052910_471060273301709_7965782673165647872_n 47231369_880933362030835_5274892212323221504_n 47297489_209015290018352_6318676759692705792_n


長森大介
プロデューサー/経営企画室(宣伝統括)室長
1976年神奈川県生まれ。広告代理店を経て、クリエイティブオフィス「UNICUM」を立ち上げる。
主に広告の企画・アーティストコーディネイトを中心に活動。また京都宇治のギャラリー「らうらうじ」にて
展示企画を手がけ、現在は企業の企画・広報・宣伝を統括する。
<主な実績>
PIECE OF PEACE ブロックで作った世界遺産展Part3/アーティストコーディネイト
PARCOのKYOTO展/アーティストコーディネイト
NIVEA/2016限定青缶 アーティストコーディネイト
名古屋高島屋 アムール・デュ・ショコラ2016/CM・グラフィック・スペース展示企画及びアーティストコーディネイト
ALBION/プロモーション企画・アーティストコーディネイト
HEABIS PLAZA/広告企画・アーティストコーディネイト



<聞き手>

shono_1030

庄野裕晃
vision track / 代表
アーティストエージェンシー「visiontrack」代表。
2011年アジア発のクリエイティブ・プラットフォーム「ubies」を立ち上げ、
2013年「世界を熱くするアジアンクリエイター150人」をPIEInternationalより発行。
2014年にはアジア中から気鋭のクリエイター1000名、3000点を超える作品を集めた
「ACN主催・ASIAN CREATIVEAWARDS」を企画プロデュース。
大阪発の国際アートフェアUNKNOWN ASIAのプロデューサーとして立上げから運営に携わる。

mi2to3_photo

光冨章高
vision track / アーティストエージェント
国内外で活躍するアーティスト、イラストレーターのエージェントを行い
広告分野に主軸をおき、多数のプロジェクトに携わる。
フィンランドイラストレーション協会「Kuvittajat ry」登壇
東京都独立支援プロジェクト「Art Startups」参画

 

<イベント申込み先>
Peatixよりお申し込みください。
https://visiontrack-salonsessions-vol2.peatix.com/view

 

TAGGED : EVENT , CULTURE

2018.11.22

【UNKNOWN ASIA 2018】ヴィジョントラックが選んだ受賞アーティストをご紹介!

今年の9月に開催された次世代クリエイターのためのアートフェア "UNKNOWN ASIA 2018” Peach賞、HOMES賞のW受賞したヴィジョントラックアーティストの世戸ヒロアキの他、ヴィジョントラックのエージェント5名が注目し、顕彰した出展アーティストをご紹介します。


 

 

650_1sawada

Reviewer Prize 光冨章高 賞
澤田 久奈 


(光冨からのコメント)
ご実家が工場をされているという環境のなかで、工業機械や工具をモチーフに作品づくりをされいる澤田さん。
絵本タッチで描くことで、無機質なものが妙に温かみを帯び何とも言えない新たな魅力が引き出された絵になっています。文字盤などディテールの書き込みへのこだわりもお見事です。


 

 

650_2matsubara

Reviewer Prize 岸田吉哲 賞
松原 光


(岸田からのコメント)
ポップでシンプルでカッコイイ。センスが光る作品が素敵でした。デザインに配置された時により作品が映えるので、いろいろなお仕事や展示、イベントなどの企画でもご一緒出来る可能性を非常に感じおります。


 

 

650_haguri

Reviewer Prize 吉田達司 賞
葉栗 里


(吉田からのコメント)
仕事はイラストレーションがメインなこともあり自然と目が平面の絵を追いかけがちではありますが、葉栗さんのブースの前に来たときにその空間の落ち着いた佇まいがここち良く、展示された作品からはやわらかさ、軽やかさ、優しさを感じました。これからの作品作り、展示がさらに注目です。


 

 

650_4keeenue

Reviewer Prize 井手 美沙音 賞
Keeenue


(井手からのコメント)
鮮やかなのに心に寄り添う色遣いが好きです。夢の中みたいな自由な曲線が好きです。無秩序でいて計算しているようにも見える不敵な構図が好きです。気さくでノリがいい人柄も素敵です…などと色々好きなところはありますが、
単刀直入に言うと、(規模もサイズも)大きな仕事を一緒にしたい!と思いました。


 

 

650_5yamaguchi

Reviewer Prize 横田奈那子 賞
山口留美惠


(横田からのコメント)
大胆にデフォルメされた構図や塗り方、色のチョイス、作品から流れてくる空気感がかっこいい。
風景をダイナミックに表現された作品は山口さんの内から出る力強さを感じ、自然と引き込まれる魅力を感じます。
今後の展示や作品作りなど、これからのご活躍が楽しみです。


 

 

650_seto

Peach賞 HOMES賞
世戸ヒロアキ

TAGGED : EVENT

2018.11.21

レポート記事:salon and sessions vol.1

クリエイターをサポートする仕事に興味のある方を対象とした交流会&トークセッション「vision track Salon and Sessions vol.1」を開催しました。
第一回目となる今回はゲストにギャラリー・ルモンドの田嶋吉信さんをお招きし、
クリエイターからクリエイターをサポートする側に転身された理由や、これまでの活動を交えながら 「クリエイターをサポートする仕事とは?」をテーマにヴィジョントラックの光冨が聞き手となり語っていただきました。


自身もグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍されていた田嶋さん。
イラストレーターとしてエージェントに所属しながら「他のイラストレーターをサポートすることで、もっと大きな仕事をできるのではないか?」と感じ、そこからイラストレーター兼エージェントとして働く道を選び、2015年に「ギャラリー・ルモンド」を設立。 現在はギャラリー運営とイラストレーターのエージェント業務、そして商業施設でのイベント・プロデュースを行っています。


 

 

今の仕事をはじめたきっかけは?


多くのイラストレーターが悩んでいるお金の面や契約事をサポートする体制が整っていない状況を何とかしたいと思い、自身の経験をもとに個人レベルでサポートするには?と考えた末にギャラリー運営に意識が向かいました。SNSがある時代だからこそ、リアルに人が交流できる場があるといいなと思ったんです。


1_400_tajima_peaple

 

 

クリエイターをサポートする仕事の楽しさ、醍醐味とは?


自身がイラストレーターとして実現出来なかった様々なジャンルのお仕事を、イラストレーターと組んでカタチにすることはとても魅力的だし、自分の原動力になっていますね。コーディネートの仕事では、イラストレーター本人が自分では 気付いていないジャンル、新しい方向性の仕事への流れを導くことにも面白さを感じます。エージェント時代、当時日本では仕事経験のなかった海外出身のイラストレーターをスカウトして、一緒にキャリアを積んできました。自分が見出したイラストレーターの活躍を見るのは本当に嬉しいですし、そこがサポートする上での醍醐味でもありますね。


2_400_tajimasan


 


 


活躍するクリエイターの見つけ方、見分け方はどうしていますか?


新しいイラストレーターやクリエイターの情報は、ギャラリーに集まる若いイラストレーターから教えてもらうことも多いです。自分自身でもギャラリーに足を運んだり、そこで会う人たちと情報交換をしています。アンテナは常に張っているので、SNSなどでもチェックしていますが、実際に観たり触れたりすることで感じるものを大事にしています。活躍する人の見分け方は難しいですね...。感覚としか言えませんが、
自分の好きなクリエイターからの推薦やご紹介いただくのは有効な手段になっています。


 

 

クリエイターをサポートする人に求められる人物像、スキルとは?


クリエイティブな業界に興味があるのは大前提だと思っていて、クリエイターと一緒になってモノ作りを楽しむことに強いモチベーションのある人、仕事以外でも自分の足で外に出て積極的に楽しめる人が良いですね。クライアントとイラストレーターとの間に立って客観的に物を見ることができたり、サポートに喜びを感じることができる人がいいかなと思います。スキルは実務を重ねながら身についていくと思うのでそこまで重視しませんが、人と人の間に立つ仕事なので常識的な社会人マナーがあることは必要です。そして何よりも相手に興味を持ち一緒に良いものをつくりたいという気持ちが大事だと思いますね。


3_400_peaple

4_400_peaple2

 

 

クリエイターをサポートする上で大事にしてることはなんでしょう?


もっと働きやすい環境にするためにイラストレーターの社会的地位を上げていくこと。意欲ある若い人たちを育てたい気持ちもあるし、イラストレーターや広告業界の環境をより良く変えていければと思っています。


 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベント概要(イベントは終了しております)
salon session vol.1「クリエイターをサポートする仕事とは?」
日時:2018年11月9日(金)
場所:vision track 東京オフィス


登壇者
ゲスト:田嶋吉信 L’illustre Galerie LE MONDE / オーナー兼ディレクター
聞き手:庄野裕晃 vision track / 代表
    光冨章高 vision track / アーティストエージェント


テキスト:横田奈那子 vision track

TAGGED : EVENT

2018.11.19

RINA IWAIイワイリナ

イワイリナ個展「L/xs」

イラストレーターのイワイリナによる大阪での初個展を開催いたします。

活動して10年目となる今年改めて原点に立ち返り、より自由な表現を求めて取り組んだ新作30点以上を公開。1メートルの大作から親指サイズのミニマルな世界観の作品など両極端に描かれた作品が並ぶコントラストが楽しい展示です。

セクシーな絆創膏、カタツムリガール、パフュームカラーのカメレオン、ダイナミック光合成・・・
描くテーマも自由で様々!

.
【開催期間】
2018年 11月9日(金) – 11月29日(木) 11:00–18:30

土日祝を除く平日オープン/入場無料
一般公開日、オープニングパーティー以外の日程はご予約が必要になります。
ご希望の方はヴィジョントラックまでお問い合わせください。

.
【一般公開日(作家在廊)】
11月9日(金)  12:00–22:00
11月10日(土) 12:00–16:00

.
【オープニングパーティー】
11月9日(金) 19:00–22:00

どなたでもご来場いただけますので、ぜひお誘い合わせの上お越しください。
当日はイワイリナが在廊し、先着6名様に親指サイズのポートレートを描きます!
展示品と同じ小さくてかわいいフレームに入れてプレゼント。

.
【会場・お問い合わせ】
vision track Private Gallery

大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館 4階4-7号
tel: 06 6543 7007  mail: info@visiontrack.jp

. . . . .

RINA IWAI(イワイ リナ)

デザイン事務所に勤務後、ニューヨークに移住しフリーのイラストレーターとしてデビュー。現在は拠点を日本に移しNEWYORKERやNOJESSのシーズンビジュアルを手がけるなどファッション、アパレル、女性誌、キャンペーン広告など幅広く活躍している。割り箸を用いて大胆で緩急のついたクールな線で描くのが特徴。ファッショナブルで遊び心のあるキャッチーな表現が得意でインスタグラムなどを通して海外でも人気を得ている。

TAGGED : RINA IWAI , EVENT

2018.10.31

NEWS LETTER