visiontrack

ARTISTS COORDINATE LIVE ART NEWS ABOUT US CONTACT
CULTURE

アユミタカハシAYUMI TAKAHASHI

BOX MUSEUM

ボックスミュージアムは、アーティストのAYUMI TAKAHASHIが2019年に立ち上げたコンセプトギャラリーです。デザインオフィスは東京にあり、常設展示スペースは中国の大連にあります。“アートを生活の中に送る“という願いで世界中で活躍してるアーティストとコラボし、あらゆるポップアップ経験を作り、配送ボックスの形をしたスペースの中でインターラクティブな展示を提供しています。

常設展示スペース以外にも、9月10日から10月10日の1ヶ月間、AYUMI TAKAHASHIとクリエイティブディレクターの手塚芳子がキュレートしたイラストのプリントショー“Box Opening”が大連シティーアートミュージアムで開催されています。参加しているアーティストは世界各地で活躍しているイラストレーターとデザイナー達。それぞれの作品を20枚限定のジークレプリントにして展示兼販売をしています。

詳しくはこちらのWEBサイトにて。
https://www.theboxmuseum.info/

AYUMI TAKAHASHI
http://www.visiontrack.jp/ayumi-takahashi/

TAGGED : アユミタカハシ , EVENT , CULTURE

2020.10.02

Tuna Dunnツナ・ダン

「SHE’S Revesible Story」屋外広告

4thアルバム『Tragicomedy』を発売したSHE’Sの渋谷駅地下の屋外広告にて、Tuna Dunnがイラストを出掛けました。

この屋外広告「SHE’S Revesible Story」は遠くから見ると巨大なピアノの鍵盤のように見えるが、
近くで見ると2人の男女のストーリーが描かれている。
また、見る方向によってストーリーが正反対に変わる仕掛けが施されており、
左から見ると“出会いの話”、右から見ると“ 別れの話”になっている。
同じイラストなのに見る場所や方向によってストーリーが変わる新感覚の屋外広告で、
今作のアルバムタイトルでもある“悲喜劇”を表現したクリエイティブになっています。


さらには、 この出会いと別れの一連のストーリーを撮影した映像も本日公開。
この映像には、今作のアルバムにも収録される楽曲「Masquerade」「Letter」「Your Song」のMV3部作に
出演した赤楚衛二と横田真悠がナレーションとして参加している。掲出場所:SHIBUYA109、道玄坂方面コンコース

<制作クレジット>
Idea:河野智/諸星智也
Creative Director:明円卓
Art Director:河野智
Copywriter:諸星智也
Director:田中 貴士
Designer:大渕 寿徳,藤谷力澄
Illustrator:TUNA Dunn
Producer:岡田 敦子,藤島 みゆき
Production Manager:鳥羽悠馬
Camera:米澤 佳州子
Mixer : 堀 芳彰
Business Producer:秋山二朗
Creative Producer:大聖亜希

TAGGED : TUNA DUNN , CULTURE

2020.07.06

HIROSHI KATO加藤 大

上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」

5月11日デジタル配信の上白石萌音さん『夜明けをくちずさめたら』のジャケットを加藤大が手がけました。

上白石萌音
https://kamishiraishimone.com/

加藤大
http://www.visiontrack.jp/hiroshi-kato/

TAGGED : HIROSHI KATO , CULTURE

2020.04.14

canonチェキ:南夏希

自撮りに適した持ち運びに便利な小型のチェキが登場。
中国展開用のビジュアルを南夏希が担当しました。明るく爽やかな雰囲気をイメージして描いています。
チェキは内蔵カメラで撮った写真をプリントするだけでなく、スマホアプリと連携してカメラロールの写真をプリントする事も可能です。


イラスト:南夏希
制作会社:LAB.751

TAGGED : CULTURE , ADVERTISING , LIFE STYLE

2019.12.19

HIROAKI SETO世戸 ヒロアキ

THE BAWDIES オリジナル フルアルバム『Section #11』

THE BAWDIESのオリジナル・フル・アルバム『Section #11』。 完全受注生産限定盤DELUXE EDITIONに付属するPHOTO BOOKに収録される、メンバー登場のコミックを世戸ヒロアキが描きました。
THE BAWDIESの15年間の全てを超えた、究極のロックンロール・アルバムです!

完全受注生産限定盤DELUXE EDITIONのご予約〆切は10/23(水)18:00まで
ご予約は↓
https://www.jvcmusic.co.jp/thebawdies/section_number11/

【THE BAWDIES】
http://thebawdies.com/

【世戸ヒロアキ】
http://www.visiontrack.jp/hiroaki_seto/

TAGGED : HIROAKI SETO , CULTURE

2019.10.21

Hikaru Matsubara松原 光

POPEYE 2019 11月号

 
POPEYE(ポパイ)2019年11月号 の表紙イラストを松原光が手がけました。
特集の「いま、聴きたい音楽ってなんだろう?」をイメージ。扉でもイラストを描いております。

マガジンハウス POPEYE  https://magazineworld.jp/popeye/
松原光  http://www.visiontrack.jp/hikaru_matsubara/


tobira

TAGGED : HIKARU MATSUBARA , CULTURE , MAGAZINE , LIFE STYLE

2019.10.09

HIROSHI KATO加藤 大

LINE MOOK「Toss!」

LINEのトーク画面に届く、縦スクロール読みの新しいライフスタイルマガジン「Toss!」。
扉イラストを加藤大が手がけました。
アカウントで友だち追加すると無料でお読みいただけます。ぜひお楽しみください。

【LINE MOOK「Toss!」】
LINE ID: @oa-toss

【加藤大】
http://www.visiontrack.jp/hiroshi-kato/

TAGGED : HIROSHI KATO , SNS , CULTURE

2019.06.29

ニッポンのさけまつり2019

「全国18の酒を飲み比べる、日本酒の祭典。”ニッポンのさけまつり2019”」のメインビジュアルを一乗ひかるが担当しました。
第5回となる今年は、「スポーツ」をテーマとし、日本酒造りをする蔵元や杜氏、職人の姿をアスリートになぞらえ表現しました。
本イベントでは全国から選りすぐられた18の酒造が集まり、各酒造自慢の日本酒を飲み比べることができます!
2019年6月9日、町田パリオにて開催です!お酒好きの方、是非足を運んでみてください。

 
日程:2019年6月9日(日)
日時:14:00-16:30
場所:町田パリオ4階 http://www.pario-machida.com/

チケット:前売り2,500円
※完全事前販売制となります。下記、酒販店までお問い合わせください。
リカーポート蔵家:042-793-2176
さかや栗原   :042-727-2655
酒舗まさるや  :042-735-5141
リカーズモリヤ :042-722-2959
ニッポンのさけまつり (face bookページ)
https://www.facebook.com/nippon.sake.maturi/

一乗ひかる
http://www.visiontrack.jp/ichijo-hikaru/

TAGGED : EVENT , CULTURE , ADVERTISING

2019.04.02

vision track Salon and Sessions vol.2「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」



クリエイターの活動をあらゆる側面からサポートし、
その価値を最大化することを目指すヴィジョントラックがお届けする
「クリエイター」と「クリエイターをサポートする人」のためのSalon and Sessions

第2回目となる今回は、これからを担うイラストレーターの発掘、
そしてすでにキャリアをお持ちの方のステップアップの機会として、
ポートフォリオレビュー(作品講評会)とトークセッションを行います。

第1部:ポートフォリオレビュー
第一線で活躍するイラストレーターからの視点、
そしてエージェントならではのビジネス的視点で、
作品の講評、アドバイスをさせていただきます。

ヴィジョントラックが今後、仕事をご一緒させていただきたい
イラストレーターと出会う場にもなればと思っております。

第2部:トークセッション
「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」をテーマに
イラストレーターの寺田順三氏、黒木仁史氏をゲストにお招きし、
ヴィジョントラック の代表、エージェントが聞き手となりトークセッションを開催します。

既にイラストレーターとしてお仕事をされている方、まだスタートされたばかりの方、
キャリアをお持ちでさらなる機会を作りたい方、全てのイラストレーターを対象にしております。

第1部、第2部ともに興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

●開催概要

<開催日時>
2018年12月8日(土)

【第1部:ポートフォリオレビュー(作品講評会)】
開場:16:00
時間:16:30〜18:30 

参加費:2,000円
定員:8名

【第2部:トークセッション「イラストレーターとして、タッチを確立するということ」】
開場:18:30
時間:19:00〜21:00

参加費:1,000円
定員:15名

※第1部、第2部 共通でご参加の方は、参加費:2,500円

<会場>
vision track / Private Gallery
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館4F4-7
TEL 06-6543-7007

<ゲスト>

●開催概要


2018p_junzo_terada  81C11SwZT8L._SY445_ 5138CAV7Q6L._SX337_BO1,204,203,200_

寺田順三
イラストレーター、絵本作家
1961年生まれ。大阪を中心にイラストレーションをはじめ挿絵や絵本、広告、雑貨製作など幅広い分野において第一線で活躍中の、人気イラストレーター。お洒落で個性的な動物キャラクターと、ヨーロッパの古い絵本を思わせる柔らかなタッチで、若い女性やアート好きな層を中心に大きな支持を得ている。寺田さんがキャラクターデザイン・美術コンセプトで手掛けた「カルルとふしぎな塔」は、2010年10月よりアニメーションの放送が始まり人気を集めている。

A20_P305-320_Part14 ginza_cover_224_021-553x700 hitoshikuroki_20170110_031-963x700

黒木仁史
イラストレーター
大阪芸術大学デザイン学科卒業。デハラユキノリ氏のアシスタントを経て、フリーランスのイラストレーターに。 「GINZA」の表紙や「VOGUE」「POPEYE」などの雑誌にイラストを提供する他、「ステラマッカートニー(STELLA McCARTNEY)」のファッションドローイングショーや伊勢丹新宿店、ユナイテッドアローズ、「ベッドサイドドラマ(bedsidedrama)」など多くのファッションブランドとのコラボレーションを展開している。


47052910_471060273301709_7965782673165647872_n 47231369_880933362030835_5274892212323221504_n 47297489_209015290018352_6318676759692705792_n


長森大介
プロデューサー/経営企画室(宣伝統括)室長
1976年神奈川県生まれ。広告代理店を経て、クリエイティブオフィス「UNICUM」を立ち上げる。
主に広告の企画・アーティストコーディネイトを中心に活動。また京都宇治のギャラリー「らうらうじ」にて
展示企画を手がけ、現在は企業の企画・広報・宣伝を統括する。
<主な実績>
PIECE OF PEACE ブロックで作った世界遺産展Part3/アーティストコーディネイト
PARCOのKYOTO展/アーティストコーディネイト
NIVEA/2016限定青缶 アーティストコーディネイト
名古屋高島屋 アムール・デュ・ショコラ2016/CM・グラフィック・スペース展示企画及びアーティストコーディネイト
ALBION/プロモーション企画・アーティストコーディネイト
HEABIS PLAZA/広告企画・アーティストコーディネイト



<聞き手>

shono_1030

庄野裕晃
vision track / 代表
アーティストエージェンシー「visiontrack」代表。
2011年アジア発のクリエイティブ・プラットフォーム「ubies」を立ち上げ、
2013年「世界を熱くするアジアンクリエイター150人」をPIEInternationalより発行。
2014年にはアジア中から気鋭のクリエイター1000名、3000点を超える作品を集めた
「ACN主催・ASIAN CREATIVEAWARDS」を企画プロデュース。
大阪発の国際アートフェアUNKNOWN ASIAのプロデューサーとして立上げから運営に携わる。

mi2to3_photo

光冨章高
vision track / アーティストエージェント
国内外で活躍するアーティスト、イラストレーターのエージェントを行い
広告分野に主軸をおき、多数のプロジェクトに携わる。
フィンランドイラストレーション協会「Kuvittajat ry」登壇
東京都独立支援プロジェクト「Art Startups」参画

 

<イベント申込み先>
Peatixよりお申し込みください。
https://visiontrack-salonsessions-vol2.peatix.com/view

 

TAGGED : EVENT , CULTURE

2018.11.22

HITOSHI KUROKI黒木 仁史

黒木仁史「Knock」

 

ファッション誌やアパレルブランドとの数多くのコラボレーションなど
水彩のナイーブさとリアルな強さで独自のスタイルを確立してきた黒木仁史。

今展では新しいスタイルを試す実験場として、普段のスタイルである水彩絵の具を使わず
アクリル絵の具などにトライアルした作品を展示いたします。

今後、世の中に出ない可能性の作品ございますので
ぜひ会場でご覧いただけますと幸いです。

-----

【開催期間】
2018年12月7日(金)- 12月21日(金)
13:00 - 19:00(土日祝を除く平日)

【一般公開日・作家在廊日】
2018年12月7日(金)13:00 - 20:30
12月8日(土)12:00 - 16:00

*一般公開日以外の閲覧は事前のご予約が必要となります。
ご予約につきましては下記までお問い合わせください。

【オープニングレセプション】
12月7日(金)18:30 - 20:30

*ギャラリートーク開催!(19:30頃予定)

作品解説:黒木仁史

聞き手:
漆崎憲介 氏(阪急デザインシステムズ / クリエイティブディレクター)

数社のデザイナー経験のなかで「伊勢丹」「サントリー」「味の素」を担当。
2011年に阪急デザインシステムズへ入社。2017,2018 UNKNOWNASIAレビュアー。
国内外コンヘティションに入選・受賞。
受賞歴:Times Asia −Pacific Advertising Awards
電通広告賞・経済産業大臣賞・朝日広告賞・日本雑誌広告賞

【会場】
vision track / Private Gallery
大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル本館 4階4-7号
TEL:06-6543-7007
  MAIL:info@visiontrack.jp

【入場料】
無料

-----

 

A20_P305-320_Part14 ginza_cover_224_021-553x700 hitoshikuroki_20170110_031-963x700

 

黒木仁史
大阪芸術大学デザイン学科卒業。デハラユキノリ氏のアシスタントを経て、フリーランスのイラストレーターに。
「GINZA」の表紙や「VOGUE」「POPEYE」などの雑誌にイラストを提供する他、
「ステラマッカートニー(STELLA McCARTNEY)」のファッションドローイングショーや
伊勢丹新宿店、ユナイテッドアローズ、「ベッドサイドドラマ(bedsidedrama)」など
多くのファッションブランドとのコラボレーションを展開している。
http://www.visiontrack.jp/hitoshi-kuroki/

 

デザイン:
MIKI JYUGE
 

TAGGED : HITOSHI KUROKI , EVENT , CULTURE

2018.11.28

NEWS LETTER